家族で怖くて逃げ回ったあの虚しくてつらかったあの生活

ママがライフスタイルの出費に追われ続け、気づくと頼る業者がなくなっていたそうです。誰も気付いてあげられずママはヤミ金に手を伸ばしていました。ママが不幸で入院した3お日様下、建物に知らない男の人からTELがあり、、、父は腰が抜けました。あす、父は売り買いを休み色々な所に行き建物へはミッドナイトしか帰ってきませんでした。私も、父からヤミ金の事を聞き怖くて妻の住まいに居て住まいにはぜんぜん帰りませんでした。はからずも、夕暮れ自宅で家族カップルサパーを食べていると怖そうな男の人が『何時返すんやぁー!』と怒鳴り散らして行きました。
あす、父はまたどっかへ行ってしまい、、、その翌日、自身が起きると父は自殺をはかり倒れていました。自身は怖くて泣きながら至急車を呼びました。父は、アッという間にICUに入れられ口も聞けなくなり一時は危なかったのですが2ヶ月の入院でスタミナも戻り退院できました。
自身は、ママの連帯確信人様だった結果、25歳で生涯にして初めての破綻をしました。
友達も減りました。怖くて毎日、泣いて売り買いにも影響してしまい店舗でもいつのまにか浮く付属になりそれぞれ不信になってしまいました。
親友にもすり合わせしたのですが、気付くとその親友までもが自身を避けるようになり相変わらず通信が取れません。

更に、あんな怖くて心苦しい日々は積み増したくないと家族できつく実感した事例でした。

TVや図書で、ヤミ金というネーミングを聞いたり見たりするだけで身震いがしてきます。
ヤミ金の出入り口は、もう自身を含む私のファミリーや大切な人様には立ち入ってもらいたくない業者です。闇金相談弁護士司法書士のサイト